純情動物園

第12回岐阜アートフォーラム~時空の住処~ 岐阜市芸術文化奨励賞受賞記念

奥村晃史 望月鮎佳 二人展

純情動物園

2018年10月6日(土)-14日(日)に岐阜市大門町12の上宮寺にて開催いたします。動物をテーマに制作する画家、奥村晃史と彫刻家、望月鮎佳の作品を展示します。初日にはゲストに岐阜県美術館館長の日比野克彦氏らを招き、トークイベントをいたします。また、映像をからめたダンスパフォーマンスも企画しております。合わせてご観覧ください。入場は無料です。

奥村晃史は各務原市在住で精力的に画家として活動しております。展覧会は県内のみならず、日本各地、海外でも作品を発表してます。望月鮎佳は今年岐阜大学の大学院を修了し、美術教師として教壇に立っています。学生時代より木彫の大作などで注目されてきました。20歳違い、表現手法も違う作家の二人展です。共通するのは動物をテーマにしていること、純情ともいえる一途な制作姿勢でしょうか。展覧会名は純情動物園といたしました。今秋の純情動物園に是非ご注目ください。

広告